トップページ  
伝統工芸から創作デザインまで
〜染・織で綾なす〜

日本の絹展
「日本の絹展」を中心に紹介しています。

 

 
開 催 日
会  場
 絹 展 の 主 内 容
第9回
2012.10,18
23
高島屋東京店8階エクセレントルーム  純国産絹製品や国内で製織、染色加工した伝統的工芸品から最新の創作デザインの絹製品まで幅広く展示。特に養蚕、製糸、製織、染加工等のをビデオ紹介、カイコの飼育展示、ア−トフラワ−教室を行いました。また、生産履歴を表示した純国産絹マークについての説明パネルで国産繭・生糸で作られた希少価値のある純国産絹製品の紹介を行いました。
第8回 2011.7.26
  〜8.1
日本橋高島屋
8階ギャラリー

純国産絹製品や国内で製織・製編、染織加工した伝統的工芸品から最新の創作デザインの絹製品まで幅広く展示し、特に養蚕、製糸、織り、染加工等の状況をビデオで紹介したり、上州式座繰り器での繰糸、組紐の実演、カイコの飼育展示.

第7回 2010.7.27
  〜8.2
 日本橋高島屋
8階ホール
1.純国産絹展コーナー展示絹製品とその特長
2.コラボレーション債分の登場
3.カイコの飼育展示とミニ講演
4.座繰り絹糸及び真綿による紬糸づくりの実演
5.その他
第6回 2009.7.28
  〜8.3
日本橋高島屋
8階ギャラリー
 タカシマヤオリジナル振袖{誰が袖好み」をはじめ、協会も白生地、胴裏、着尺地など純国産絹製品コーナーを開設。 各企業から多くの出展。真綿づくり、糸繰り、糸つむぎの制作実演、カイコの飼育、時代別蚕品種の標本の展示、珠ぴいんしゃの展示即売をも行った。
第5回 2008.7.23
  〜28
日本橋高島屋
8階ホール
「純国産絹マーク」を制定、このマークをパネルにして会場の各所に配置してPRの強化をはかる。カイコの不思議をテーマにした講演、出展者のトークショーも開催も好評だった。
第4回 2007.7.25
  〜30
 日本橋高島屋
8階催事場

各出典のほか、糸を取った後の繭で制作した花々などフラワーを紹介する特別展。渋谷区立幼稚園児がカイコ飼育に挑戦した記録。繭から真綿を作る親子体験教室、「蚕の不思議」テーマのトークショー、大島泥染めのハンカチ染めの体験などが行われ盛況でした。

第3回 2006.8.16
  〜21
日本橋高島屋
8階催事場
高島屋のオリジナル振袖、西陣の帯、全国の染織作家・工房の優れた作品に絹マークを表示したことで、多くの消費者に国産絹製品のPRと絹マークの認識を深めることができた。
第2回 2005.8.17
  〜22
 日本橋高島屋
8階催事場
全国の絹産地から35社の傘下を得て、日本の伝統文化を代表するきもの、帯などの和装品を背景に染・織・縫・編…といった国産絹製品を一堂に展示した。
第1回 2004.8.25
  〜30
日本橋高島屋
イベントホール
1.「日本の絹マーク」のアピールで絹素材の生産情報をユーザーにPRできた。
2.いろいろな絹製品があることを来場者に幅広く紹介できた。
3.はじめて生産者が直接消費者と接し、語りながら、新製品にかける情熱や優れた天を訴えることができた。
     

トップページ