絹だより
第206号 〈平成23年5月1日〉

発行:社団法人日本絹業協会・ジャパンシルクセンター
ホームページ http://www.silk-center.or.jp/
高崎の紅絹と紅板締めの復元(2)
たかさき紅の会 代表 吉村晴子  

  紅板締めの手順は次のとおりです。
(1)型板を5日間ほど充分に水に浸し板に弾力をもたせる。側面の山印を合わせ重ねる。

(2)白絹は「巻き畳み挟み」(板巾×枚数×8)の長さの生地を板に挟む方法と「折り返し挟み」添え金棒を使って型板の上で8重に折り畳む方法を型板の枚数により併用した。

ひめ糊をつけて重ねる
白絹を型板にはさむ
締め具ボルト、ナット方式
締め具くさび方式



(3)模様面にひめ糊を引き8重に折りたたんだ絹地を挟んだ型板に上下に力板を入れ、締め枠にずれないように置き楔で強く打ち込む。新枠ではボルトをナットで4箇所を均等に強く締める。槽に置き湯を掛けて再度締め直す。

(4)水18リットルに赤、黄の酸性染料を各8グラム(求める色見や模様による)を入れ、温度を上げた染液を柄杓で掛ける。締め枠を回転させながら4面の掛ける染液の量を一定にし、また斜めに揺って模様溝に溜まった染液を流しだして、染めむらが出ないようにする。汲み出した液を再加熱しながら、18リットルの液を合計8回掛けまわし最後2回のとき酢酸を入れて色止めをする。

(5)染色後、締め枠をよく水で洗い流し、締め枠から生地を挟んだまま型板を敢り出して桶に浮かべ、型板を一枚ずつ外し生地を取り出して水でよく濯ぐ。綿布に巻きこみ水分を取り、伸子を張って乾燥させる。その後1時間ほど蒸気蒸しで堅牢度をたかめる。
 心に沁みる赤色に励まされて1日がかりの試作18回を経て赤白の対比がくっきりと出る紅板締めを染められるようになりました。

赤染液をかける
水洗いで型板からはなす
麻の葉丸になでしこ柄
復元染め上がった紅板締め間着


 「飛び鶴」「菊に籬」「牡丹に蝶」「菊花」「菖蒲」「籠目」間着に見る日本の紋様の美しさ、旧板の漆がけの精巧な彫りの素晴らしさ、繕い跡に見える職人気質、型板と水の相性、折り畳みに手こずる絹の優しい手触り、紅色の色合いの微妙さ、男性の力の要る締め加減、柄杓掛けで繰り返す動作のリズム、惨みむらの出る無念さ、型板から水の中にとき放れた赤白の模様を目にした時の悦び、なによりも皆で励んだ輸の力、たくさんの感動をいただきました。丹後縮緬を黄、紫の草木染めして、新しく染めた紅絹裏を付けた表着物と、復元した紅板締めの間着の二枚襲ねを3組仕立てました。

 平成19年5月に高崎高島屋にて「紅絹の美幻の染め・紅板締めとその復元」展にて発表しました。紅絹は郷愁を呼び覚まし若い世代にも引き込ませる魅力がありました。

 

平成23年度第1次分
純国産絹マーク使用許諾について
社団法人日本絹業協会  

純国産絹マークの平成23年度第1回審査会を4月25日(月)に開催しました。今回、6件(うち、新規の申請1件、製品の追加申請が1件、生産履歴の追加申請が2件、生産数量の追加申請が2件)から申請があり、審査委員会で審査した結果6件に対し、5月9日(月)付けで純国産絹マーク使用許諾する旨を通知しました。

 純国産絹マーク使用許諾者は次の6件です。

純国産絹マーク使用許諾企業名
(表示責任者名)
表示対象
製品名
表示対象
数量
生産履歴の内容
(提携養蚕農家・企業等)

株式会社芦田呉服店
代表者名 芦田 孝子
京都府綾部市西町一丁目46番地2
(担当者: 芦田孝子 )
Tel 0773-42-0033
表示者登録番号 148

後染反物
(色無地)

   10反
制作企画 第一衣料(株)
繭生産  茨城県南地域養蚕農家
製 糸  碓氷製糸農協
製 織  三共織物(株)
染 色  (株)中田勝

(製品の追加)
株式会社布屋呉服店
代表者名 小長井 宏員
静岡県富士宮市西町5番21号
(担当者:小長井宏員)
Tel 0544-27-2580
表示者登録番号 144

(製品の追加)
後染反物(小紋)
(変一越)
(紋意匠)



   15反
   15反
制作企画 田中種(株)
繭生産  JA碓氷安中管内養蚕農家
製 糸  碓氷製糸農協
製 織  南久ちりめん(株)、芝井(株)
染 色  高田勝(株)
(生産履歴の追加)
株式会社小いけ
代表者名 小池 泰弘
山形県鶴岡市本町1-8-43
(担当者:小池泰弘)
Tel 0235-22-3215
表示者登録番号 034
(履歴の追加)
後染反物(小紋)
(変一越)
(紋意匠)


   15反
   15反
制作企画 田中種(株)
繭生産  JA碓氷安中管内養蚕農家
製 糸  碓氷製糸農協
製 織  南久ちりめん(株)、芝井(株)
染 色  高田勝(株)
(生産履歴の追加)
株式会社染織館
代表者名 後藤田 光年
徳島県徳島市昭和町3-11-1
(担当者:後藤田光年)
Tel 088-652-3377
表示者登録番号 140
(履歴の追加)
後染反物(小紋)
(紋意匠)


   30反
制作企画 田中種(株)
繭生産  JA碓氷安中管内養蚕農家
製 糸  碓氷製糸農協
製 織  芝井(株)
染 色  高田勝(株)
(生産数量の追加)
日本蚕糸絹業開発協同組合
代表者 小林 幸夫
群馬県高崎市問屋町3-5-3
(担当者: 土井芳文)
Tel 027-361-2377
表示者登録番号021
(数量の追加)
白生地(紋意匠)
 
胴裏絹(酵素精練)
 
ぐんま200胴裏絹
(酵素精練)
 
ぐんま200胴裏絹
(トルマリン加工)
(灰汁浸け加工)
 
世紀21胴裏絹
(パーリー加工)
 
   80反
 
  400枚
 
 
 1000枚
 
 
 1700枚
 3300枚
 
 
  400枚
制作企画 絹小沢(株)
蚕品種  上州絹星、世紀二一
      ぐんま200
繭生産  群馬県内養蚕農家
製 糸  碓氷製糸農協
製 織  江原産業(株)、坪金工業(株)
      山直織物(株)、丸進機業(株)
     (有)長島織物
精練加工 丹後織物工業組合、
      (有)江島屋染工場
加 工  キヌテック(株)
(生産数量の追加)
株式会社細安
代表者名 小林 愼二
福井県福井市手寄1丁目9番18号
(担当者: 小林愼二)
Tel 0776-22-7878
表示者登録番号076
(数量の追加)
ぐんま200胴裏絹
(酵素精練)


  400枚
制作企画 日本蚕糸絹業開発(協)
蚕品種  ぐんま200
繭生産  群馬県内養蚕農家
製 糸  碓氷製糸農協
製 織  山直織物(株)
精練加工 (有)江島屋染工場
  〈注〉次回審査会の予定は平成23年6月30日(木)です。申請される方は審査会の10日前までに申請書を提出してください。

ホームページ

 

バックナンバー目次へ